やめられないは本当?

drug medicine

些細なきっかけで吸い始めた煙草。最初はやめようと思えばやめられる、と思っていただけに、禁煙しようと思ってもできない自分が
どんどん情けなく感じてしまいますよね。
でも、煙草をやめられないのは自分の意志の弱さではなく、ニコチン依存症のせいなんです。
禁煙に何度も挫折してしまうと、「自分は煙草をやめられないんだ」と思い込んでしまいがちですが、そんなことはありません。
しっかりとニコチン依存症を治せば煙草をやめることができますよ。
そもそも、どうして煙草をやめられないんでしょうか?
それは、禁煙し始めると、煙草がないことによる禁断症状が起こるからです。
禁煙によって起こる主な禁断症状は、イライラや、頭痛、眠気、集中力の低下、空腹感などがあります。
禁断症状が一番酷くなるのは禁煙を始めて2、3日目がピークです。
禁断症状がどれだけ続いても、2ヶ月以上経過すればほぼ症状は出なくなります。
禁煙と聞くと、煙草を我慢する苦しみが一生続くようなイメージがありますが、
実は禁煙に必要な期間は短い人なら3週間、どれだけ長くても3ヶ月だと言われています。
まずは禁断症状が出るピークと言われている3日間を目標にし、自分の中で期間を区切って禁煙をすれば煙草はやめられるんです。
煙草をやめれば健康になることはもちろん、月々にかかる煙草代も節約できますし、禁煙や分煙の波で肩身の狭い思いをすることもなくなります。
諦めず着実に禁煙をしていきましょう。