チャンピックスの副作用

headache man

チャンピックスは、これまで禁煙治療に用いられてきたガムやパッチとは大きく異なる点があります。
それは「ニコチン」を含まないということ。
ガムやパッチは少量のニコチンを摂取することで煙草を吸わない「習慣」を作っていくものですが、
チャンピックスはニコチンそのものを必要としなくなる効果があります。
ニコチンを含まないことで身体への害が少ない薬として知られていますが、
それでもチャンピックスはあくまで薬なので、少なからず副作用があります。
これはチャンピックスに限らず、薬を服用する上で大切なことですが、服用前には必ず注意事項を確認し、
体質や服用中の他の薬があれば飲み合わせに問題がないかを確認した上で使用するようにして下さい。
チャンピックスの主な副作用は、めまいや眠気、意識障害などがあります。
そのため、チャンピックスを服用している時は自動車や自転車の運転は極力控えた方が良いでしょう。
また、精神疾患がある人がチャンピックスを服用する際には特に注意が必要です。
禁煙自体、これまで当たり前になっていたニコチンをやめるということで喪失感や不安を感じたり、酷い場合には死んでしまいたいという激しい感情に襲われることがあります。
そんな状態の中で、チャンピックスを服用することで悪夢を見るようになったり、憂鬱になったりする場合もあります。
せっかく健康のために禁煙を始めたにも関わらず、精神的な病にかかってしまっては元も子もありません。
酷い副作用を感じたらすぐに医師に相談するようにしましょう。